助産師は母子サポートだけでなく看護業務もします

分娩時には助産師が産婦に終始付き添っています。 これから出産を経験する産婦に対し精神的なサポートをはじめ、分娩プロセスを的確にサポートしていく出産のキーポイント的な存在です。

実は、助産師は母子サポートだけでなく看護業務もするのです。

陣痛がスタートすると子宮口に開き具合を確認します。 「出血量の計測」「いきむタイミングのサポート」「赤ちゃんの取り上げ」「へその緒や胎盤の処置」は助産師が行います。 そして赤ちゃんを沐浴させたり、健康状態の確認や身体測定も助産師がしなければならない業務です。

産婦がトイレに行けない状態の場合は尿道にカテーテルを挿管したりしますし、必要に応じて注射や点滴をします。 産後には子宮の戻り具合をチェックしながら全身マッサージをしたりメンタルケアもします。

実際の出産の場合に産科医が関わってくるのは「分娩のタイミングや処置」「退院の判断」などの要所要所のポイントの指示がメインです。 それ以外には「会陰切開」「帝王切開」「破水」など体にメスを入れるケースだけが大半です。

助産師の業務のメインは母子サポートだけが注目されがちです。 ですが助産師は看護師免許も持っており、医師の指示の下で点滴や注射など日常的に看護師がこなす業務もすることもあります。

だから助産師は助産に関連する専門的なスキルや知識を持っていることは当然ですが、それ以外に基本的な看護スキルがなければ仕事ができないのです。

近頃は産婦人科が減少して産科が閉鎖されて簡単に出産ができなく大きな社会問題になっています。 そういった中で妊娠・出産をサポートして独立開業もできる出産のスペシャリストとしての助産師の存在は注目されています。 勤務時間は不規則ですし体力的にはハードです。

また流産や死産など精神的に辛いシーンにも直面することもあります。 しかしながら、出産という生命の誕生に立ち会って、感動を喜びを分かち合えることはかけがえのない魅力があり、やりがいのある仕事であるのは間違いありません。

このページの先頭へ